サイトマップ | お問い合わせ  
THE WILL TO IMAGE EXPERT !!  
トップページ
ゲーム制作集団・合同会社イクシールのHPへようこそ!  
トップページ会社概要製品情報ギャラリー求人情報アクセスリンクお問い合わせ

日々の記録 STAFF'S PAGE

前の月へ 次の月へ
●平成28年3月某日 『 設立記念イベント@ 〜A班のます釣り編〜 』

 設立記念イベントとして、イクシールのスタッフ全員で「奥多摩」へ行ってきました。
 
 目的地は、奥多摩の「日原鍾乳洞」です。
 
 今回は、2班に分かれての出発です。
 朝早くから出発してとして「ます釣り」を行うA班と、
 少し遅れて「日原鍾乳洞」から合流するB班。
 (私は諸事情により、B班の引率役となりました…)
 
 以下、A班のレポートです。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
 奥多摩に向かうA班の電車の中の様子です。
 
 最初は、駅名の読み方当てクイズをしながら楽しく電車に乗っていたものの、
 いつもより1時間早起きしているせいか、A班の男3人はぐったりと睡眠中です。
 女性2人は、景色を眺めながらお喋りです。元気です!
 


 
2時間近く電車に揺られ、ようやく氷川国際ます釣場に到着!
釣り針に、釣り餌としてイクラとブドウ虫を取り付けつつ、心を無ににしてジッと待ちます。
 


 
ひたすらジッと待ちます。
釣れるポイントを教えあったり、釣り餌の取り付け方を教えつつ。




そして・・・






 
どやっ!

なかなかの大漁です!!!!!!!!
 


 
釣った魚は塩焼きで美味しくいただきます。
 


 
もちろん見事に完食。
美味しくいただきました。

全く釣れないパターンも予想していましたが、
意外とよく釣れて、参加者全員、非常に楽しく美味しい時間を過ごすことができました。

そして、そろそろB班との待ち合わせ時間が近づいてきたので、急いで撤収!
楽しい時間はアッという間なのです。
(私はB班だったので釣りに参加しておらず、羨ましい限りです…)


〜「設立記念イベントA」へ続く〜


●平成28年3月某日 『 設立記念イベントA 〜日原鍾乳洞編〜 』



「設立記念イベント@」からの続きです。
 
 B班も無事に奥多摩駅に到着し、駅近くの食堂でお昼ご飯を食べました。
 観光客で賑わっているかと思ったのですが、食事ができそうなお店は閉まっているところも多く、
 入ったお店もB班の7人全員が予約無しで普通に入れました。
 
 奥多摩、とても長閑です。
 
 お昼ご飯を食べた後、「日原鍾乳洞」行きのバスに乗り込みました。
 このバスでA班と合流する予定なのですが、A班が全然来ません…。
 バスの出発時刻まで、あとわずか。
 刻々と時間は迫ってきます。
 
 きっと、ますの塩焼きが旨すぎて、アルコール飲んでまだ盛り上がっている最中だと予想。
 
 B班のスタッフが心配して、
 「A班、来なかったらどうするんですか!?森田さん!!」と聞いてきますが、
 「置いていったらええんちゃう?」と答えて、バスが早く出発することを願ってみました。
 A班のメンバーが必死にバスを追いかけてギリギリ乗せてもらう展開が一番面白そうです。
 
 …が、バスの出発3分前に、A班が姿を現し、普通にバスに乗り込んできました。残念。
 
 
 バスに揺られること30分。
 
 イクシールのイタリア人デザイナーは、バスに同乗した外国人観光客と英語でずっと会話しています。
 国際的で、かっこいいですね。
 


 
 日原鍾乳洞へ向かって、景色を眺めながら、てくてくと歩いていきます。
 


 
 日原鍾乳洞に到着。
 チケットを購入し、いざ鍾乳洞へ。
 
 脚を負傷している社長は、入り口に置いていきます。さらば。
 



 
 日原鍾乳洞の中は、予想をはるかに超える険しい道のりでした。
 
 道は狭く、起伏も激しく、頭上近くまで岩が突き出していて危険がいっぱいです。
 狭い階段の手すりは水に塗れて滑りやすくなっています。
 
 元気で若いスタッフは、険しい道のりを物ともせず、どんどん先へ進んでいきますが、
 私は最後尾グループでゆっくりと慎重に進みます。
 普通の階段を上り下りするだけでも息切れするというのに、こんな険しい道を上り下りすることになるなんて…。
 
 とはいえ、鍾乳洞は非常に幻想的で美しく、非日常のダンジョンを楽しむことができました。
 運動不足解消にも繋がったのではないかと。
 
 
 無事に脱出し、全員の安否を確認し、バスの停留所を目指して、再びてくてく歩いていきます。
 全員が無事でよかったです。
 
 
 そういえば、日原鍾乳洞へ向かう途中に食堂が有ったなあと思いだし、
 そこでバスが来るまで休憩することに。
 
 
 


 
 って、お店もう閉まっとるがな!!!!
 
 まだ夕方16時でしたが、閉店時間、早いですね…。
 ちなみに、山なので、雪が降っています。3月なのに、雪です。寒い…。
 


 
雪の降る中を、バス停に向かって、再びてくてく歩きます。寒いです。足が痛いです。
バス停に着いた後も、雪の中を30分近く待つことに…。
(ちなみにこのバスを逃すと、30分ほど歩いて別のバス停に向かうことに…。恐ろしい…。)


〜「設立記念イベントB」へ続く〜


●平成28年3月某日 『 設立記念イベントB 〜奥氷川神社編〜 』



「設立記念イベントB」からの続きです。
 
 日原鍾乳洞のバス停から、バスに揺られつつ、無事に奥多摩駅に到着。
 
 少し休憩した後、近くの奥氷川神社へ行きました。
 奥氷川神社の境内に存在する「氷川の三本杉」は、樹齢700。東京で最も高い木と言われているそうです。
 
 みんなで三本杉を見上げた後は、近くの吊り橋「氷川小橋」へ。
 


 
 吊り橋は、それほど揺れることはありませんが、ひやっとはしますね…。
 


 
 なんか、変なパフォーマーがいます。
 


 
 吊り橋の入り口近くには、こんな注意書きも…。
 
 
 吊り橋を堪能した後は、のんびり電車で帰路につきました。
 見慣れた上石神井に戻ってきた後は、会社近くのお店「かみしゃく村」で宴会。
 
 ピザを食べながら、ビンゴ大会をして楽しく一日を終えました。
 
 
 今回の設立記念イベントは、【プチ】設立記念イベントとして、小規模開催のイメージだったのですが、
 終わってみれば、なかなかハードな一日となりました。
 
 ます釣りに参加したA班は、朝も早かったので特に疲れたと思います。
 (ます釣りをとても楽しんでくれていたようで、良かったです。)
 
 
 みなさん、お疲れさまでした。


●平成28年3月某日 『 近況 』

 ありがたいことに非常に毎日忙しくしております。
 
 昨年の秋には、デザイナーとしての実作業は引退して管理業に専念しようと思っていたのですが、
 今もドット打ったりしていて、なかなか現場から離れられません。
 これはもう現場から離れられない運命だとあきらめて、生涯現役を貫きたくなってきました。
 
 たくさんのお仕事のお話をいただけているのですが、
 今年は今まで以上にしっかりとこだわりを持って結果を残していきたいと考えていますので、
 イクシールでは常に人手不足な状態です…!
 
 ドット絵が得意で在宅で御協力いただけるデザイナー様がおられましたら、ぜひ御連絡ください。
 
 しっかりとプロ意識を持って、丁寧で大切にお仕事をしていただける方、ぜひ一緒にお仕事をしましょう!


●平成28年3月某日 『 会議室 』


 地下会議室の扉に、サインプレートを取り付けました。
 会議室の扉を開けると、壁に貼られたホワイトボードが目に入るのですが、
 上の写真のようなうラクガキが描かれています。
 
 写真右は、諸事情によりイクシール社内で謎の大人気キャラとなったモグラです。


●平成28年3月某日 『 プチケーキ 』


 社外での打ち合わせを終えた後、お土産としてコージーコーナーでプチケーキを購入して帰社しました。
 
 これは、とてもカラフルで食べるのがもったいないですね!!!!


●平成28年3月某日 『 RPGツクールMV 』


 昨年は「RPGツクールMV」のサンプルグラフィックを、全デザイナー総がかりで制作したのですが、
 各デザイナーにとってもデザイナー人生の代表作になったのではないかと思っています。
 
 様々なメディアを通して、RPGツクールMVのグラフィックを目にする機会が増え、
 世界中のツクラーさんの持つクリエイティブな力に日々新鮮な刺激を受けております。
 
 プロとして、クリエイティブなことを仕事にしている人間として、
 どのような考え方、どのような姿勢で仕事に臨むべきか、色々と考えさせられる切っ掛けになっています。
 
 写真右端は、昨年時に御協力させていただきました書籍です。
 中扉で使用されている3DCGの御協力をさせていただきました!


●平成28年3月某日 『 動物椅子 』


 とあるテレビ局から、椅子についての取材申し込みがありました。
 
 「ゲーム会社でどのような椅子を使っているか」を知りたいとのことだったのですが、
 イクシールで使っている椅子は、写真のような、ぬいぐるみの動物椅子だったりします…。
 
 参考になりそうにないですね…。
 
 結局、取材については諸事情でお断りすることになりましたが、
 いつか動物椅子に座って仕事をしているイクシール社長の狩俣(かりまた)をテレビにデビューさせたいと思っています。



前の月へ 次の月へ

このサイトに掲載されている文章、画像等の無断転載及び、無断複製は一切禁止いたします。
Copyright(C) IXILL All Rights Reserved.